« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

ハンドベルコンサート

7月29日(日)

「ベルフェスタ」というハンドベルのコンサートがお隣の王寺町にて開催されました。知り合いの方が出演されるということもあって聴かせて頂きました。ハンドベルという楽器に対しては教会などでよく演奏されるきれいな音の出る楽器という認識程度でしたが、ベルの奏法もいろいろあり、音のバラエティーも多彩で、驚いたというのが一番です。王寺町は3年前、町でハンドベルをそろえ、指導者を探すところから始めたそうです。あまり一般的でないということもあり、今の指導者の方は、一番近い(?)ということで、芦屋から通っていらっしゃいます。上品な雰囲気の楽器ですが、この指導者の方が関西弁べらべらで、お笑いタレント並みのノリのよさ。司会者はおそらく役場関係者。にもかかわらず、軽妙な司会で、厳かな・・それだけに心地よい眠りを誘うコンサートにメリハリをつけてくださいました。後半は東京からのプロの演奏者による10曲も入って、入場料は前売りで500円。とってもお値打ちのコンサートで、しばし非日常の空間を味わいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少数民族刺繍バック

Item207 タイの少数民族の女性たちが刺繍した生地を同じく少数民族のアカ族の女性たちが縫い合わせて作っているバックです。その土地土地に伝わる伝統の模様がそれぞれあり、古布をはじめとしたリサイクル生地でできています。そのためほつれや汚れ、穴がある場合がありますが、それは商品の特徴としてご理解ください。日本でも着物の生地をリサイクルして再生させるのが流行っているように、ちょっとしたブームになりつつあります。ひとつとして同じものがないというのが一番の魅力で、全て一点ものです。左はショルダーバック。開け口はマジックテープになっていて、中はファスナーで閉められるようになっています。前に大きなファスナーのついたポケットがあり、結構たっぷり入ります。ショルダーのひもの長さは調節できます。税込み¥4725。右の巾着型のポーチは税込み¥1545です。暑い日にもかかわらず、場所をきいてお客様が訪ねて下さいました。フェアトレードのことはテレビなどで見て興味があったとのこと。実際に扱うお店が少なく、なかなか目にする機会がなかったのでとのことでした。奈良県でのアンテナショップ的な存在になれたらいいなとあらためて続けていく意味を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天然アロマ

Item213 7月27日(金)

一気に日差しがきつくなり、鉢花や庭の水遣りも朝と夕の2回が恒例となりました。夕方は日が落ちてからとりかかるのですが、そのときやっかいなのは「蚊」!殺虫成分の入った虫除けもあまりつかいたくないし、毎回格闘しながらの水遣りです。フィリピンではモーラスという草に天然の忌避効果があるということで昔から虫除けということで使われています。そのモーラスを使ってかわいいオブジェが作られました。独特の香りが虫除けの効果があるのですが、けっして嫌な香りではなく、天然のアロマと言う感じです。香りが弱くなったら水に濡らすと復活し、ひと夏いっぱい使えます。ハート¥1100アップル¥300です。今日はウーマンライフを見てくださったお客様が尋ねてくださいました。新しい出会いに感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バティックバック

Item206 7月26日(木)バティック という布をご存知でしょうか。インドネシア特有のロウケツ染めの布のことを総称してそう呼びます。色柄のバイタリティーが豊富で、それぞれが違った表情を見せます。きららの店内には写真のバックとスカート、パッチワーク用のハギレのセットがあります。その土地の風土が生んだアジアの手仕事は、扱ううちにその奥の深さに感心させられます。恥ずかしながらフェアトレードに出会うまで、アジアの伝統的な技術というのに知識もない上、あろうことか稚拙で安っぽいものだと思い込んでいました。それがとんでもない間違いだと、扱ううちにわかっただけではなく、本当に手の込んだすばらしいものであり、もっとたくさんの方に紹介したいと思うようになりました。バングラデシューのノクシカタ刺繍やイカット織り、ネパールのカシミール刺繍やダッカ織り、ケニヤのキオンド(サイザル麻で編んだバック)などなど。ブランドのバックをひとつ買う値段でこれらのアジアブランドの作品がいくつも買えます。伝統的技術のアジアンクラフトをお気に入りのひとつに仲間入りさせてみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

癒し系

Item210 梅雨明けと同時に夏がキター!という感じです。季節を忘れずにセミが鳴き始めました。我が家の庭には毎年数千匹のカマキリがかえっているはずですが、そのうちの生き残りがやっと5センチほどに成長し、一人前にカマを振り上げて威嚇しています。。カマキリは生まれたときから同じ姿をしていますが、捕食者として昆虫界の頂点に立つまでに、そのほとんどがクモなどの外敵に食べられてしまいます。数少ない生き残りは今度は反対に食べる側に回り、さいごには交尾をした雄までも食べ、自らは卵を産んでから死ぬというなんともドラマティックな生き物です。我が家の小さな庭で繰り広げられる小さな生き物の世界にも、自然界の法則がなりたっていることに畏敬の念を覚えます。ちょっと話がそれましたが、今日紹介するのは草木染めの洋服のハギレを利用してできたアイピローです。色合いがナテュラルでなんともユニークな表情は、飾っておくだけで癒されます。ねこと犬の2種類。取替え可能な洋服を着ています。汚れたら洋服だけ洗ってください。1匹¥1300です。残り後5匹です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラスビーズ

Item208 夏に人気のガラスビーズのネックレス。このきれいなガラスビーズはインドでつくられています。インドの身分制度、カーストの最下層アンタチャブルといわれる地域の方々の伝統的な工芸品です。彼らの多くは子どもの頃からこの技術を生活の手段として当たり前に習得しますが、この仕事に値する正当な対価を支払われることなく、不当な搾取を受けています。フェアトレードによる取引が始まり、継続した取引と、正当な報酬に対して、当初懐疑的で、そのため仕事に対する要求にもなかなか応えてくれなかったそうです。まともに報酬ももらえない彼らには仕事のレベルを上げるという意識がもともとなく、今のような商品に仕上がるまでにずいぶんやり取りに苦労したとのことです。作られたビーズが日本でこのようなアクセサリーとして使われ、その美しさが喜ばれていることを繰り返し説明し、その仕事の技術に誇りを持つようになって初めて、デザインへの工夫や、仕上げの丁寧さが生まれるようになったのです。仕事への正当な報酬と、自立支援が大事なことはいうまでもありませんが、大事なことは人が人として尊厳をもって扱われることにつきるのではと思います。このビーズ、単品で20円~100円。皮ひもに通すだけで簡単に作れます。材料費だけで店内にてもお作りいただけますので、お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行ってきました~

完結編が発売され、話題もヒートアップ気味の「ハリーポッター」。先日公開の映画「不死鳥の騎士団」を観にいってきました。いままでのシリーズは家族で見る数少ない映画ということで、今回も前売りを買っていたのですが、子ども達はそれぞれが「友達と行く。」とそっけない。仕方なく(?)夫と二人で久々のデート。シリーズを通して本を先に読んでいるので、映画ではどんな風に表現しているのかに興味しんしん。う~ん。映画としてはうまくまとまっているな。本には出せない臨場感や躍動感、相変わらずの豪華なセット。ヒット間違いなし!と拍手したくなる。でも、大分端折っていて、読者としてはちと物足りない、という感じでした。映画ではサスペンスの要素も折込み、戦いのシーンも迫力満点でしたが、本ではハリーの閉塞感、苛立ち、やりきれない哀しさなどが前面に出ていて、読んでいてつらくなるほどでした。逆にこの巻によって成長したハリーが、次回作へつながっていくのがシリーズものの楽しみでもあります。気持ちは既に最終巻。日本での翻訳版発売は来年とのこと。原書で読む英語力もないので、待つしかないですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草木染めのブラウス

Item204 もうまもなく梅雨もあけ、本格的な夏がやってきます。年々亜熱帯化する日本の夏ですが、なんとか涼しく過ごす工夫をしたいものです。写真中央のブラウスはネパリパザーロの商品で、透け感のある、薄い草木染めの布でつくったやわらかい質感のもの。風をはらんでふわふわなびくのが見た目も涼しげです。下にオーガニックコットンのキャミソールを合わせると着心地もバツグンです。左に写っているようなカゴバックとの相性もよく、今年の売れ筋商品です。茜という色表示も素敵ですね。淡いピンクといった方がわかりやすいかと思いますので書き添えます。ぜひ実物をご覧になってください。いよいよ夏休みも始まります。「きらら」も夏休みモードですが、変わらず営業していますので、こどもさんと一緒に遊びに来てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーディネート例

Item11 7月19日(木)

週末から台風、地震、と自然災害が続いています。被災地の方々には心よりお見舞い申し上げます。奈良県でも週明けに洪水警報がでました。JRも始発から止まっていたようです。地球規模で、なにかやっぱりヘンです。自然の力には逆らえませんが、それに人災が加わることで、災害が大きくなるとしたら、やはり一人一人の心がけが大事になってきます。食の安全管理・温暖化対策など、賢い消費者にならなければ、とあらためて思いました。フェアトレードでお買い物をされることも賢い消費者の選択のひとつです。生産地の環境に配慮された商品がもっと当たり前になれば、家庭で取り込む個人レベルの対策と相まってぐんと環境対策がひろがる可能性があります。フェアトレードの商品で力を入れているのが衣料品です。工程がたくさんあって雇用対策になる上に、工業製品でない手織りであったり、草木染めもしくは発ガン性物質を含まないアゾフリーだったりと、環境への配慮がなされています。そんなことを考えながら着ていただくと愛着もわき、お手入れも自然と丁寧になるから不思議です。着心地のよさはいうまでもありませんが、手持ちの洋服と合わせるのが難しいとおっしゃる方もおられます。まずはちょっとおしゃれな普段着をそろえるつもりが選びやすいと思います。写真のパンツは7分のストライプイージーパンツ。とにかく涼しくて楽。イージーパンツなので普段だけ?と思われるかと思いますが、上に生成りのブラウスや白のカッティイングのきれいなTシャツを合わせるとご旅行にもOKですし、ビビットなオレンジなどのタンクトップとあわせ、大ぶりアクセサリーなどでアクセントをつけるとリゾートっぽくて素敵です。フェアトレードファッションはいまやイギリスなどのヨーロッパでもショーが開催されるなどで注目されています。この夏、お気に入りを見つけませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

営業時間変更のお知らせ

7月15日(日)

奈良県では台風の被害もなく、どうやら明日からは雨もあがり、暑くなりそうです。営業時間変更のお知らせをいたします。明日は海の日で祭日ですのでお休みさせていただきますが、火曜日は午前中のみ営業いたします。18日の水曜日は勝手ながら3時までの営業とさせていただきますので、お間違えのないようにお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

密かなブーム?

Item06 7月13日(金)(ブログに日付けがないのに気が付いたんですが、どうしたら入るかわからず、手書き挿入です・・)

アフリカンミュージックが密かなブ―ムとか。店内のインテリアにもなるしと仕入れた楽器ですが、興味を持ってくださる方が多くて驚いています。どれも自然素材を活かした素朴なものばかり。誰でも音が出せるというのも魅力ですが、弾き手によって多彩に変化する音には楽器としての深さを感じます。介護士さんがお年よりの音楽会(?)に使いたいと買っていかれたこともあります。ひょうたんマラカスやペルーの民族楽器チャクチャは振るだけで音が出せるし、手触りがよいということでお年よりやお子様に人気です。ドラムの横の筒状のものは「雨の棒」と呼ばれるもので、サボテンの空洞になった中に針をさして小石が滑り落ちる音を楽しむもの。 雨の音とも波の音とも聞こえる癒し系の音が癖になり、何度もひっくり返してシャララ~とやってしまいます。もうすぐ夏本番です。今年はアフリカンミュージックに注目してみませんか?その前に台風、大丈夫かな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤギ革ミニ財布

Item05 入荷するたびにすぐ完売する売れ筋商品です。インドのヤギ革シリーズの一番小さいもので、小銭入れといっても500円玉ひとつがやっと入る大きさです。子どものお誕生会のお返しプレゼントやアクセサリー入れ、持ち歩きのお薬入れなどにも使って頂いています。ヤギの皮は牛皮に比べて軽く、このシリーズの財布やバックなども軽くて扱いやすいということで好評です。バックなどはほぼ一点もの。次回の入荷も不安定なので、気に入ったものはお早めにご購入ください。ヤギ革を植物性タンニンでなめした後、丁寧に手作業で絵付けと彩色が施されます。その割にお値段がお求めやすいのも人気の秘密でしょうか。こちらのミニ財布は280円。財布なども1500円前後。バック類は4000円~5000円。プレゼントにも人気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強会?

10年以上前になりますが、マンションに住んでいました。若いご夫婦の世帯が多く、ちょうど子どもが生まれてからこちらに越すまでの一番大変な子育て期間に、支えてもらい助けてもらったママ仲間がたくさんいました。その中の一人で、同じように奈良に越してきて、ずっとつながりのある友人が、下着の仕事をしています。会社の形態としては「訪問販売」なので、仕事を始めるといったときはみんなが大反対。なんせ彼女は名門奈良高校から奈良教育大に入った才媛。他にいくらでも仕事を選べるだろうし、なにより胡散臭い仕事なんじゃないかと心配だったからです。そんな彼女いまや代理店の資格を得、たくさんのメンバーさんを抱える立場にいます。「訪問販売」といってもしらないお宅をいきなり訪問するのではなく、知り合いにアポをとってから伺い、サンプルを実際手にとって試着していただき、気に入ったら注文していただくといったシステムで、その場で販売することはありません。私自身、かなり警戒心の強い方で、人を介して商品を購入するビジネスには関わらないようにしていますが、彼女がしているなら断りやすいなと試着も気軽にさせてもらったり、しばらく貸し出してもらったりと結構愛用しています。購入価格の累計が1万円以上で会員価格の20%OFFになります。考えてみれば下着は必ず付けるものでありながら、忙しいとなかなか試着までして買わないもので、結構合わなくてがっかりというケースがありますよね。国内の工場で丁寧に作られ、品質面での差別化を図って生産されたこのメーカーのものはなかなか優れものの商品があります。特にトルマリン加工された下着、サポーター類、靴下類はトルマリンの特性(防菌防臭作用・マイナスイオン効果・防汚作用・遠赤外線作用など)を活かした商品で、人気です。「きらら」ではお客様に紹介しているうちにお客様にもファンが増えて、取次ぎなどをさせていただくようになりました。普段ショップには並べていませんが、試着室もできたので、うちで試着会をしてもいいかなと考えています。興味のある方はお尋ねくださいね。そんな関係で新商品がでたら勉強会にいける限り参加しています。昨日は定休日だったので、奈良市内のカフェで勉強会件ランチ(笑)に出かけました。「きらら」もそうですが、ここでお会いする方々は、これがなかったらたぶん接点もなく一生関わりなく過ごした方ばかり。違う地域の情報などもこのメンバーから仕入れることも多々あり、これはこれでいい関わり方ができていると思っています。ショップを通じて人と人が結びついていければ楽しいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ・・・

Open013 今日は日曜日でお休みです。子どものスポーツクラブの大会の応援に行って、暑さでへとへとです。夕方庭で蚊と格闘しながら、庭木の剪定(?)をしました。もうすぐブラックベリーの実が熟します。荒地で育つとの触れ込みに違わず、特別な世話もなく、肥料も薬もなく、育ちます。去年はなぜか蓑虫が怖いほどついて、枯死寸前でしたが、今年はまた復活して、たわわに実をつけています。ブラックベリーという名のとおり、実は熟すと真っ黒になります。実に小さな種がありますが、そのままパクッと食べてもおいしいので、子どもの友達が遊びにきて、家の周りで走り回っている間につまみ食いをしています。うちではまとめてジャムにして1年間楽しみます。ヨーグルトにかけたり、パウンドケーキに焼きこんだり・・・。ブラックベリーはブルーベリーより眼にいいといわれるアントシアニンが多く含まれているそうですよ。入り口のフェンスに絡んでいますので、来られたときに熟していたら、どうぞご自由に召し上がってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェルトポーチ

Item07 ネーパールのフェルトポーチが再入荷しました。冬場の定番商品かと思いきや、通年通しての売れ筋商品です。化粧ポーチとなっていますが、最近の小さなデジカメなら中に収まるので、フェルトのクッションが保護になって、いい感じです。フェルトは羊毛を湯のしして仕上げますが、機械でプレスするのではなく、一点一点手作業で伸ばしていくため、不均等な厚みとなります。それがまたハンドメイドの味となり、温かみのある一品となっています。ポーチ1260円、丸型のコインケース1000円です。プレゼントにも最適です。今日はネパールの女性団体を支援する横浜のネパリパザーロから草木染めのラップパンツなどが入荷しました。ウエストゴムのフリーサイズのものが中心ですので、年代を問わず好評のシリーズです。京都のシサム工房からは天然石のシルバーアクセやレザーサボ、インドネシアのバティック布のバックなどいろいろ入荷しました。シルバーリングはオープン価格ですべて2000円です。こちらもサイズがあえばお買い得ですので、お早めに~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

缶コーヒー

Item04 フェアトレードのコーヒーはだんだん知名度が上がっていますが、缶コーヒーはまだ珍しいのでは、と思います。缶入り飲料の心配な点は飲み口のプルトップの蒸着に環境ホルモンが懸念されること。この缶コーヒーはその対策もなされていて、その点もオススメです。豆はグアテマラ豆100%。ブラック、無糖です、キャッチコピーは「心地よい苦味とハーブのような味わい。」価格は税込み¥137です。冷たく冷やしたのもご用意していますので、店内でもお飲みいただけます。必要な方にシロップとミルクはサービスいたします。ご贈答にもご利用ください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

オープニングセール!

Item01 オープン記念のセールを実施中です。オーガニックコットンのキッズTシャツ定価¥2900を¥1000OFFの¥1900!人気のアフリカンTシャツ(ユニセックスM、L)定価¥4500を¥2000OFFの¥2500!在庫限りのご提供です。お早めにどうぞ~。特にキッズTシャツは子どもにこそオーガニックコットンをとの願いでご提供しています。セールではありませんが、オーガニックコットンのベビー服もいろいろ取り揃えています。肌触りのよさはオーガニックコットンならでは。出産祝いにも喜ばれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございます

Item03 このたびのリニューアルオープンに際して思いがけず、たくさんの方からお祝いを頂きました。写真はオープン当日のサプライズで届いた後輩(なんとOL時代!何年前?!)からのプレゼント。ベアの抱える花束は話題のブリザーブドフラワー。実際にまじかに観察したのは初めて。これが5~10年そのままなんだ~。ありがとうございます。大切にカウンターの上に飾らせていただきますね。OL時代の知り合いもお互い生活環境が変わったりで、ずっとつながっているのはほんの数人です。彼女はまだ独身で、はっきりいってほとんど接点はありません。でも、節目節目でつながっている大事な人です。彼女のお父様がユニークで、もともと商業デザイナーをされているのですが、趣味で陶芸や切り絵を始め、その展示会を奈良でされることもあって、拝見しに行っていたのも縁でしょうね。切り絵の方は、いまや2年に一回のペースで奈良では老舗料亭の菊水楼で個展をされるほど。とにかく気の遠くなるような細かい手作業で、精密画をみるようです。HP「たかをの部屋」で作品はご覧いただけます。管理人はその彼女がしています。よかったら検索してみて下さい。今日は定休日でしたが、やってますか~?と何人か訪ねて下さいました。「お休みなんですけどよかったらどうぞ」といえる自宅でのメリットを実感しました。お休みの日でも在宅していれば上がっていただけますのでお気軽に声を掛けてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自慢の・・・その2

Open011 リニューアルでもうひとつの自慢は、作りつけの棚とカウンターです。写真は棚。もともと隣のリビングとの間が開放できるように引き違い戸が入っているのですが、その部分には手を加えず、凹み部分にはまるように棚を作りつけで入れていただきました。おかげで部屋も広く使え、商品も見やすく展示できました。上段にはちょうどバックが横置きできて、いい感じです。スカーフやバックも下げられるバーを取り付けたので、いいアクセントになっています。違和感なく収まっていて、お客様にも好評です。カウンターはレジ台にもなっていますが、内部は収納スペースもたっぷりとってあって、主婦の方には特にマイコーナーとして欲しいとうらやましがられています。予算の関係でカウンターの表の塗装をカットしたのですが、その代わりにと、コルクを貼ってもらいました。それも早速フル活用で小さな商品や、情報コーナーとなっています。欲を言えば、ミニキッチンを設置したかったのですが、スペースの都合もあり、断念。いつかカフェも併設したいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »