« カラムカリ風呂敷 | トップページ | まだまだ・・・ »

お月見日和

9月26日(水)

ようやく、ようやく秋の実感です。

昨日は月明かりのまぶしい夜でした。

ベランダから差し込む月明かりと虫の声。

眠るのが惜しくてしばらく眺めていました。

定休日の昨日、PTAの社会見学で大阪高等裁判所見学に行きました。

陪審員制度を前に一般の見学者にも丁寧な対応です。

公判を自由に見学していいとのことでしたが、

大法廷以外は思ったより狭くて、傍聴席は20人も座ればいっぱいです。

道路交通法違反、覚せい剤取締り違反、傷害、商標取引法違反など、

お世話になりたくない罪状がならんでいます。

やっともぐりこめた法廷では引ったくりの審理中。

被告人席には30代後半の女性。

聞けば、罪状を否認していた罪が加算されるとしても、

現在は罪を認め、謝罪をしている上、結果的には未遂のため、

被害は金銭的にも身体的にも与えていないという状況らしい。

弁護側がいうには彼女は両親を事故で亡くし、頼れる親戚・兄弟もなく、

うつ病を患い、生活保護をうけながらの生活だったとのこと。

自殺未遂も何度か繰り返したとも。

それでも罪状を読み上げる検察側は容赦ない言葉を浴びせ続け、

懲役2年6ヶ月を求刑しました。

判決は後日なので、多分執行猶予が付くよねといいながら、

後ろ髪を引かれる思いでした。

罪を犯すのも人間。裁くのも人間。

改めてむずかしい・・・と考えさせられた一日でした。

|

« カラムカリ風呂敷 | トップページ | まだまだ・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お月見日和:

« カラムカリ風呂敷 | トップページ | まだまだ・・・ »