« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

バカンス

Cimg0051 7月30日(水)

今年の夏は、ガソリンの高騰もあって、近場でバカンスという方が多いとか。昔から混んでる、高い、という理由で、大型連休はもっぱら近場で過ごしてきた我が家ではあまり珍しい動きではない上、初盆など、家庭内の行事に終始してしまいそうな今年の夏です。

バカンスにお出かけの方もそうでない方にもおすすめのパンツを今日は紹介します。

手織りのトロピカルパンツ。裏地なし、ウエストフリーのラクラクパンツですが、手織りの質感がよく、安っぽくみえません。上にオレンジやホワイトのTシャツをラフに着て、カゴバックを持てば、そのままリゾートにGO!という感じ。もちろんおうちでリゾート派の方にも涼しくてGOOD!お友達を呼んでベランダやお庭でビール片手にバーべキュー、なんていうのも手軽で安上がりなリゾート気分ですよね。¥7900がセール価格の¥4900にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに・・

7月24日(木)

ついに最終刊です!「ハリーポッター」

昨日のニュースでは前日から並んで待つ行列もあったそうですが、

うちはネット予約で、発売日に宅配で労せず届きました。

海外在住の友人は昨年英語版で読んでいて、

最後はね~、となんどもネタばらしされそうになっていました。

読み終えたらメールで、読んだよ~とやっと報告できます。

本の話題ついでに本の紹介です。

「フェアトレード@Life」 藤原千尋 春秋社

フェアトレードの入門書として読んでいただくのにぴったり。

著者のフェアトレードの取り入れ方、理解の仕方、スタンスは

私ととても近いものがあって、

フェアトレードショップのオーナーでありながら、

スタディーツアーに参加したこともなく、

NGOやNPOの活動に参加したこともなく、

表立ってのボランティアや募金活動をしたこともないけれど、

そんな私でもできる社会参加のひとつの形であるフェアトレード。

それが消費者であるお客様にも伝わればいいなと。

肩肘はらずに気軽に読んでいただけます!

文体も話し言葉風でとても読みやすいです。

「おしゃれなエコが世界を救う」 サフィア・ミニー 日経BP社

ご存知 日本のフェアトレードの最大手 ピープルツリー社長の

半生とビジネスのノンフェクション。

日本におけるフェアトレードの誕生と歩み、

彼女の生き方、行動、思いが詰まった1冊です。

これを読んでいたら、私などは気軽にショップをオープンできなかったかも?!

なにごとも、創めるということ、既存の考えと競合するということは

すごいエネルギーが要るのだと、あらためて思います。

フェアトレードって何?

と、ちょっとまだ胡散臭く思われている方に

この2冊の本をおすすめします。

きららにて貸し出しもしますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天然石アクセサリー

Cimg0040 Cimg0039 7月19日(土)

天然石のアクセサリーです。リングの台座はシルバー。ピアスは小ぶりで、年代を問わず付けていただけるデザインです。アクササリーはすべて手作りで、使うほどにいい感じになじんできます。お値段もお手ごろですよ~。

欠品中のオーガニックインスタントコーヒー(カルロスさんのコーヒー)、ドライマンゴー、ウバダージリンティー、ねんどのフェイスソープなど入荷しました。暑いときですが、冷たいお飲み物を用意してお待ちしています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット署名のお願い

Cimg0033 7月16日(水)

ピープルツリーおよびグローバルビレッジがG8へ向けて貿易がより公平なルールの下に行われるよう求める提言を発表しました。提言の全文はこちらのサイトでご覧下さい。

http://www.globalvillage.or.jp/campaigns/G8Statement080630.pdf

賛同いただける方はインターネット署名サイト「署名TV」

http://wwwshomei.tv/project-75.html

にアクセスしてください。期限は7月31日までです。このサイトからワンクリック募金のサイトへもアクセスできます。クリックするだけで1円の募金ができます。ちりも積もれば、で、募金額の累計も表示されますので、現実的に実感できます。スポンサーサイトが募金を肩代わりしてくれるものなので、広告サイトをみるだけで、実際にはお金はかかりません。こちらのほうもぜひ参加してみてください。

我が家の庭では毎春、カマキリが孵化します。アリくらいのおおきさのカマキリが、姿は成虫のままで、わらわらと動きまわり、時には洗濯物といっしょに室内にも登場します。成虫となったカマキリは昆虫界では文句なしの勝ち組で、捕らえた獲物を頭からかぶりつき食い尽くす様は昆虫界のギャングと称されるほどですが、彼らもまた、成虫になるまでに、かなりの数の仲間を失います。小さい間は後に餌となる蜘蛛などにもたべられてしまうとか。写真のは体長1cmほど。ちょっと前のものなので、生き残っていたら5cmほどになっているかな?自然界の法則にはいつもながら感心させられます。秋に憎々しげにカマをふりあげるカマキリを見かけたら、よくぞ生き残ったねと、いとおしい気持ちになります。梅雨明けの声もきかないまま蝉が鳴き始めました。いよいよ夏休みですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cimg0046 Cimg0045 7月12日(土)

先日ご紹介した、ジャケットと同時入荷のものです。こちらはコットン製。インにはエンディシルク(中身が抜け出た後あるいは中で死んでしまった繭からとる生糸を紡いだシルク・・・普通は生きた状態で、繭を使用します。命にやさしいシルクです。)を50%使用した、しなやかでハリのありきちんと感のあるタンクトップをいれています。いずれもセール価格にて展示しています。追加入荷はありませんので、お早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グルスイ バスケット

Cimg0037 7月10日(木)

個人的に好きで、毎年バスケットを仕入れてしまいます。けっして広いわけでない店内で、かなりの場所をとるはめになるのですが、売れてしまうとまた寂しい、と複雑な気持ちを抱える商品です今年はサイザル麻のバックのほかに、グルスイ という植物を編んだバスケットが登場!革の取っ手がしっかりついて、重いものでも大丈夫。部屋の中で小物入れやマガジンラックに使うもよし、お買い物かごとしてつかうもよし。先日来られたお客様は普段から着物を着こなしておられ、夏はカゴバックを持つとのこと。真っ赤なサイザル麻のバックをお買い求めいただきました。放送は終わりましたが、ドラマ「おせん」の中で蒼井優ちゃんが着ていた普段着の着物のあしらいは素敵でした。あんな感じでこのバスケットを持てば可愛いだろうな~なんて。カラフルな色合いですが、草木染めで色を出しています。やっぱり、暑い国では草木染めでも発色が日本とはぜんぜん違うらしく、気候、風土、土の成分、いろいろな要素がからみあって生まれる自然の色の不思議さと美しさに感動です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏ジャケット&サマーセール

Cimg0047_3 7月7日(月)

蒸し暑い日が続いています。今日は七夕。雨はなんとかもちそうですが、曇り空で、星は期待できないかもしれませんね。きららの店頭にもちいさな七夕飾りを付けました。

洞爺湖サミットもいよいよ始まりました。温暖化対策、アフリカ問題、今まで以上に緊急な課題が多く、行方が気になります。

昨日、久しぶりにデパートのお中元売り場に行きました。セールも始まったと見えて、人・人・人・・。疲れました。それにしても、婦人服の種類の多いことに今更ながら驚きました。フェアトレードに関わってから、他で買うこともなくなり、服選びのストレスからは開放されました。楽しくもある洋服選びが、時間と懐具合と、自分に合う気に入ったものを選ぶ、という選択状況の中で、年々苦痛になっていました。この仕事をしてよかったことのひとつが、それにわずらわされなくてよくなったことです。ただ、値段やデザインの傾向などは敵情視察(?)として、勉強をかねて時々見せてもらっていますそして、そのたびに、この品質・素材でこの値段なら、フェアトレードの服は決して見劣りしないと思うし、それ以上の値打ちがあると、自信をつけて帰ってきます。

夏本番を控え、日差しよけのジャケットが重宝します。写真は手織りリネンの高級感あるジャケットです。他のもコットン素材のものなどいくつか入荷しました。すでにサマーセール価格で、展示しています。50%オフの商品も引き続き並べています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガロ族の手織りトート

Cimg0024_2 7月1日(火)

早いもので今日から7月です。

久しぶりに向田邦子さんの「父の詫び状」を読んでいます。昭和の香りのする文章で、失われた風景が広がります。戦時中の話しなどは私自身知らない世界で、想像するだけですが、それでも、まだ想像できる世代かなと思っています。お母様を香港旅行に妹さんのお供で送り出したくだりで、今生の別れのようなせつなさで見送りながら、墜ちるならせめて帰りでありますように、と祈った向田さん自身が、その後、飛行機事故で亡くなられたことに無常を感じます。

今日の商品、写真がごちゃごちゃして見にくいのですが、ポイントになっているリボン状の織物は少数山岳民族ガロ族の貴重な織柄です。10日かけてやっと2メートルほどの生地が出来上がる手の込んだものです。こういった伝統の技を受け継ぐお手伝いをフェアトレードができることがうれしいですね。内側にファスナーつきポケットひとつ。コットン製で、開閉はファスナーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »