« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

異素材バッグチャーム

Cimg0011 3月31日(火)

いよいよ明日から4月。毎年のことながら、始まりの予感の月です。新入学や新入社など、新しいスタートをきる方も多いかと思います。ワクワク感と同じくらいの不安も抱えて、新鮮な思いで、一歩を踏み出して行かれることと思います。各地で咲き始めた桜を、どれだけの人がどんな思いで眺めるのかと思うと、やはり、「桜」はなにかしら特別な存在であるように思えてなりません。それぞれにとっての素敵な春でありますように。

まだまだ寒いのですが、街で見かける装いはどんどん軽くなっていっています。重ね着や小物のカラーチェンジで、季節の変わり目を乗り越えていきたいですね。このところ、バッグチャームといわれる、バッグのファスナー部分に付ける大ぶりのアクセサリーが目をひきます。クリスタルのキラキラしたのやら、ウエスタン調のスエード素材などなど、バッグのデザインに合わせて、種類も豊富です。写真のバッグチャームは異素材の組み合わせがおもしろく、ナチュラルでありながら、洗練されたデザインで人気です。シェルのボタン、ガラスビーズ、天然石、ニット、ボーン(白い透かし彫りはらくだの骨で作られているそうです)などを使って作られています。今はやりの大ぶりの手持ちバッグにも存在感があるので、ぴったりです。こんなところから春を取り入れてみるのもいいですね。定価1500円です。

竹布の布ナプキン、新商品として入荷しました。竹は成長が早く、農薬もいらない上、抗菌防臭作用があります。その竹の特徴を生かして、100%竹の繊維でつくられた竹布シリーズに、ついに布ナプキンが登場です。お得なスターターセットもありますよ。パンフレットを差し上げますので、気になる方は声をかけて下さいね。布ナプキンの使い方などもお気軽にお尋ね下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書のススメ

Cimg0046 3月26日(金)

寒い1週間でした。先週は暑い!と言ってた日もあったのに、どうなっているのやら。なんとなく、一度起きかかった身体が、ひきもどされて、やる気モードがなくなっています。そんなときは、読書週間と銘打って、がんがん本を読むことにしています。

先週図書館で借りた数冊は「アタリ」でした。個人的に、ベストセラーになって、読んではみたもののもうひとつ入り込めないのが、ハウツーもの。「夢をかなえるゾウ」も、何とか読みきったけれど、世間様がいうほど、残らないし、実践もできない。まして、ストーリーにも入り込めない。流行のスピリチュアルものや、「・・・のための」的な本は、最後のページまでたどりつくのがやっとです。読みやすいはずなんですけどね~。皆さんはどうでしょうか?

そんな私のお気に入りが文庫本カバー。布地の方はダッカ織り、革はヤギ革です。本も傷めないし、見た目も上品で、どなたが持っても大丈夫。本好きな人へは文庫本とセットでプレゼントしてもおしゃれですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木のねんどのネックレス

Cimg0033 3月25日(水)

昨日のWBC決勝戦。興奮しました~。最近元気のない日本ですが、久しぶりに士気が上がるような気がしました。春を前に、なんだかいいことがありそうな気がします。

物価高騰と水不足の続くネパールでは、電力を水力発電に頼るため、現在1日10時間、週63時間の停電が始まっています。もし、今の日本でそんなことが起こったら、と、想像するのも恐ろしくなります。産業活動が滞りがちなそんな中で、おがくずをのりで練って作ったビーズを使った木のねんどのアクセサリーが新商品として登場しました。図柄はそれぞれ現地の女性スタッフオリジナル。一筆一筆、丁寧にペイントされています。

「モノを大切につかうネパールでは何一つただでもらえるものはありません。とうもろこしの皮やおがくずも最後には牛のえさや畑の肥料になるためただでは譲ってもらえません。」

・・・カタログ「ベルダ」にはそんな記述があります。さいごまで、モノの命を活かしきる。このネックレスにもそんな思いが込められているような気がします。ペイントの絵柄は一つ一つ違います。とても軽いつけ心地ですが、存在感のある一品です。お値段は1260円。ネパールの思いに触れてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リサイクルサリー バッグ&ポーチ

Cimg0010_2 Cimg0008 3月20日(金)

今日から三連休ですね。朝までの雨もあがり、いい連休になりそうです。お出かけの予定を立てていらっしゃる方も多いかと思います。

お彼岸ということもあり、頂いた小豆ともち米があったので、朝からおはぎを作りました。昼から義父のお墓参りに持参します。二合半で約15個。昔、田舎でお盆に叔母たちが作っていましたが、大きなお皿にぎっしりでした。いったい何合分だったんでしょうか

大人気のリサイクルサリーシリーズです。

写真下のバッグは左側のレッド系がすでに売れてしまって、右のブルー系のみとなります。申し訳ありません。写真上 左から順にポーチ・風呂敷・ペンケースです。それぞれユーズドオールドサリーを生地に使用していて、どの柄も1点もの。そのあたりが人気の秘密なんだと思います。写真のUPをする前にシサム工房のkinariシリーズは1点また1点と引き取られていっています。急な陽気も関係しているかと思いますが、早めにご来店の上、チェックして下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨時休業&振り替え営業のお知らせ

3月16日(月)

昨日からいいお天気で、暖かいですね。

花粉も黄砂もすごく飛んでいそうなんですが、おもわず布団を干してしまいました。

シサム工房から、春色のアクセサリーと、人気のkinariシリーズ(ブラウス、カーディガン)が入荷しました。(写真のUP、待ってくださいね~(人><。)ショップ内もすっかり春です!お散歩がてらに、ぜひ遊びにいらしてくださいね。

明日17日(火曜日)、定休日ですが、水曜日と振り替えて営業いたします。かわりに18日(水曜日)、臨時休業させていただきますので、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ「マイ森」もちませんか?

Cimg0028 3月11日(水)

実は今日、20年目の結婚記念日です。あんまり実感ないのですが。過ぎてしまえばあっという間ですね。何か記念になるものを・・・と思うのですが、思いつきません。宝飾品やブランド物にはとんと興味がなくて、夫からは愛想のないやつと思われているかもしれません。・・・で、「六ヶ所あしたの森」という活動に賛同して、いくらか寄付をしようかと思っています。

設立趣旨より以下抜粋

・・・私たちは持続可能な未来をここから始めたいと思っています。目の前の現実に対して反対するのではなく、一緒に考え、変えていきたい。様々な考えの違いを超えてあらゆる立場の人々と一緒にここですばらしい森を育てていきたいと願っています。・・・

寄せられた寄付金は「「六ヶ所あしたの森」設立準備基金」として、土地の取得と管理運営費に充てられるとのこと。土地の取得後の計画として、

①木を植える、育てる「マイ森」づくり

②森の学校(ワークショップなど)で学ぶ、語り合う「学びの場」づくり

③食べ物やエネルギーの地域自給を目指す「エコビレッジ」づくり

④「六ヶ所あしたの森」を拠点としてエコツーリズムを展開する「つどいの場」づくり

などが予定されています。寄付は1円から受け付けてもらえます。

www.ashitanomori.net

森は命の基本だと常々思っています。微生物にいたるまで、全ての存在に意味があり、つながって、循環していく。その過不足のない自然の絶妙なバランスが、人間の介在で壊れていくことに胸をいためる者のひとりとして、無理なく参加できるマイ森づくりは魅力的です。皆さんも参加してみませんか?

今日の商品はバングラデシュのノクシカタ刺繍ポーチ。

「ノクシ」はデザイン「カタ」は布と言う意味です。古くなったサリーなどの布を何層かに重ねて刺し子を施し、肌掛けなどとして再利用する刺繍の技術が母から娘へ受け継がれてきました。今ではその鮮やかで緻密な刺繍技術を生かし、商品化することで、女性の生活向上手段となっています。それぞれのモチーフには意味があり、たとえば象は富や豊かさの象徴とされています。

ひとつひとつが手刺繍であること、よく見るとちゃんと刺し子も施されていることに驚きを禁じえません。シリーズでそろえる方も多く、うちでも人気の商品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘンプスリッパ&お花のルームシューズ

Cimg0022a2 3月6日(金)

午前中 かなり激しく降った雨がようやく止みました。不安定なお天気続きで、体調管理もままなりません。明日はまた、寒さがもどってくるとか。また、次の晴天時には、花粉が大量に飛散するらしいので、花粉症の方はご用心下さいね。

春物が続々入荷中です。明日以降、ピープルツリーの春物衣料・シサム工房のKinariシリーズ・天然石アクセサリーなどが入荷予定です。さらに、パレスチナ応援の一助で、パレスチナオリーブオイルが入荷します。イスラエルのガザ侵攻に伴い、一般市民や子どもたちの犠牲が多数報告されています。あまりに悲惨な現状に、なすすべもありませんが、せめて、商品を購入することで、かの地を他人事ではなく、身近に感じられればと思います。イスラエルの占領政策により、日常的に物資や人の移動が妨げられ、経済活動が阻害されているそうです。パレスチナオリーブのエクストラバージンオリーブオイルは農薬も化学肥料も使っていない畑の地元種スーリのオリーブだけを手摘みし、低温圧搾でじっくり抽出された一番絞りのオイルです。フィルターは使わず、細かい搾りかすが沈殿するまで数ヶ月間タンクで休ませてから出荷するという手間ひまかけたオイルです。ドレッシングやパンにつけたりなど、ダイレクトに味を感じていただけるメニューにお使いいただきたい1品です。(250CC ¥1200)

興味を持っていただいた方はこんなHPもあります。

http://palestine-heiwa.org/(パレスチナ情報センター)

http://www.daysjapan.net/(雑誌DAYS JAPANのHP)

今日ご紹介の商品はさらっとした履き心地で人気のヘンプスリッパと、草木染めコットンのやさしい色合いとプリント柄のはぎれで作ったコサージュがポイントのルームシューズです。ヘンプスリッパは子どもさんの塾用に買ったら、子どもが気に入って家でも自分用に欲しいと言われたり、習い事の上履きに買ったら気持ちよかったと言われたりで、入荷するたびになくなる人気のスリッパです。コットンのルームシューズは新製品。柔らかい風合いがナチュラルなインテリアにマッチしそうです。新築祝いなんかにもよさそうですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘンプコットンワンピース

Cimg0014a 3月2日(月)

3月になったのも忘れていました。また、寒くなりました。なのに花粉もいっぱいで、目も鼻も大変です

今年は球根植えをさぼって、去年掘って残していたものを植えましたが、クロッカスに続き、ヒヤシンスが咲き始め、フリージアもつぼみを付けています。地温が上がっている証拠ですね。以前土を掘っていて、冬眠中のカエルを掘り起こしたことがあるんですよ!ちょっとまだ早かったので、また埋めてやりましたけど。

春の足音が少しずつ、少しずつ、近づいてきています。

春らしい、ラベンダーカラーのヘンプコットンのワンピースのご紹介です。

ヘンプ55%、コットン45%のヘンプコットン生地は柔らかくて、伸縮性があり、1枚でさらっと着ていただけます。両脇の大きなパッチポケットに挟んだリボンがアクセント。シンプルなラグランスリーブです。そのまま1枚でも、カルソンを合わせても。¥10500です。

ちょっと、真面目な話も少し。。。

バングラデシュには家事使用人として働く少女が約33万人いるといわれています。外部からの接触が難しいために支援するNGOが非常に少ない中、シャプラニール(http://www.shaplaneer.org/)

が現地NGOのフルキをパートナーにして、彼女たちが文字の読み書きを学んだり、技術研修を受けたりすることができるヘルプセンターをダッカ市内に3つ開設しています。

いま、シャプラニールでは、書き損じハガキを支援に役立てるキャンペーンを実施しています。1枚でボールペン3本分。25枚で、10日間のセンター運営資金となります。この趣旨に賛同して、きららでも書き損じハガキを集めています。3月15日までにショップまで持参下さい。こちらでとりまとめて送ります。

書き損じハガキ・未使用ハガキ・未使用切手なら古くても構いません。ご協力いただける方、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »