« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

感謝セール開催します!

7月25日(土)

なかなか梅雨が明けきれず、ややこしいお天気が続いていますが、

いかがお過ごしですか?

きららでは、真夏本番を前に、お得意様限定セールを開催します

今回は、2周年の感謝セールが諸事情でできなかった分も含め、

かなり思い切って、ご提供します。

このセールのために仕入れた商品もご用意し、

半額コーナーはわけありではなく、赤字覚悟のご提供となっています。

ピープルツリー商品はバッグ、アクササリーも含め全品30%OFF!

その他、第三世界ショップ・シサム工房衣料品20%OFF!

ネパリパザーロ10%OFF!

食品、エコ雑貨10パーセントOFF!

ただし、期間中の携帯会員ポイントの使用と付加はご容赦ください。

限定セールは7月27日(月)・29日(水)・31日(金)の3日間です。

8月からは通常の衣料品セールのみとなりますので、

ぜひこの機会にお越し下さい

スペースに限りがありますので、できれば来られるお時間を

ご連絡いただけると助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙腺がゆるくなった?

7月16日(木)

6月半ばから、何もかもが停滞ぎみで、お店の方も開店休業状態が続いています。

ご迷惑をおかけしてすみません。

来週から、平常通り、再開の予定です

セールのご案内も近いうちに・・・。

最近、中途半端な空き時間があるので、本を読んでいます。

3月に図書館で予約してやっと順番が回ってきた 小川洋子作「猫を抱いて象と泳ぐ」。

私の中では今年ナンバーワンです。

感想は書きません。静かで哀しくてやさしい物語です。

たまたま目にして借りた 灰谷健次郎作「少女の器」。

久しぶりに灰谷ワールドに浸りたくて「太陽の子」を続けて読みました。

昔に読んだはずなのに、今あらためて読んで、

やっと、灰谷健次郎の想いを受け止められたような気がしました。

読んだのはたぶん中学生時代。

どう受け止めたのかは思い出せませんが、

その後 どんどんリゾート開発がすすみ、真っ青な空のイメージで、

憧れのリゾート地となった沖縄に、

リゾート感覚では行けないと、その後も避け続けた記憶があります。

(沖縄にはいまだに行っていません。)

重松清作「トワイライト」「ビタミンF」「エイジ」

世代が同じ方、読んでみて下さい。

感覚的にどんぴしゃです。同じ時代の香りがして、せつなく、なつかしくなります。

最近涙腺が弱くなったのか、読むたびに涙です。

そこ泣くとこ?! とひとりで突っ込みながら読んでます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も!

Cimg0066 7月9日(木)

5年くらい前に頂いて以来、毎年増え続けた我が家のメダカ。

なぜかこの春に、大量死し、睡蓮鉢に移していた大きな5匹を残すのみとなっていました。今年はメダカは死ぬわ、飼いネコは死ぬわで、喪失感を深めていましたが、先日、増えすぎたウオーターマッシュルームを分けていた別の睡蓮鉢に、メダカの稚魚を発見いるわいるわ、30匹以上

今年もまたブリーダーとして、忙しくなります

こう暑いと、家の中ではタンクトップ1枚という日も増えます。外に出るときには日差しよけも兼ねて、1枚さらっと羽織るものがあれば便利です。人気のkinariシリーズは肌に張り付かず、軽くて扱いやすく、涼しい素材です。お洗濯も、干しただけでそのまま着ていただけます。シサム工房の人気シリーズで、上着はこれがラスト1枚です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色だったの?

7月4日(土)

家庭菜園というにはほど遠いのですが、庭の片隅に、少し使えそうな野菜苗を植えています。

今年はミニトマトの苗が元気で、ぐんぐん幹が伸び、実もたくさん付いています。

お弁当用のミニトマト、もう今週は買わなくていいかなと思いながらも、黄色からなかなか赤くならず、買い続ける週が続き、いいかげんいらいら

昨日 雨で倒れ掛かった支柱を直していたら、実に虫が入り込んでいるのを発見!

取り除こうとさわったら、もうすっかり熟していて、逆にじゅくじゅくになったため、虫が入り込んでいたのでした

えっ、これって・・・・黄色トマトだったの

赤くなるまで、と待ってた私って。。。。

今朝の朝日新聞の落合恵子さんのコラムに、

会話の中で「・・・してあげようと思うの」という言葉、に上から目線を感じ、素直になれないというような記述がありました。

・・・誰かのために何かができるのは嬉しいが、そもそも、その誰かは他の誰かから、「何かして欲しい」と願っているだろうか。・・・

・・・相手に1ミリグラムの屈辱も感じさせず、この上なく自然に。何かを差し出すことは難しい。・・・

・・・ひとは、自分が他者から「して欲しいこと」を誰かに差し出すとき、「いいひと」である自分に充実を覚えるのか。そしてそれはほんとに、「「いいひと」であることなのか。・・・

このことは、常に私も感じていること。

フェアトレードの仕事をしてると説明すると、いいことされていますね、と言ってくださる方や、協力して、買ってあげるわ、と言われる方も多い。

いつも、違和感を感じます。そうじゃないんだけど、と言いたいのをぐっとこらえて、ありがとうございます、と答えている自分がいます。

うまくは言えませんが、今日のコラムに、なにか同じ思いを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボディークレイシリーズ

Cimg0005a  7月2日(木)

7月に入ったとたんに、梅雨空が続いています。九州地方では、豪雨による被害もでているとか。年々、自然界からのしっぺ返しが増えているように思います。エアコンなどの電力消費も増える季節ですが、一人一人が危機感をもって、環境問題に取り組む時代だと痛感します。

何度かご紹介していますが、ボディークレイシリーズのおススメのポイントは、身体にやさしく、環境負荷が少ないこと。原料のねんどは新潟産のモンモリロナイトという鉱物です。ねんどは唯一つ「水を吸う鉱物」。その中でもっとも多く水を吸うのがモンモリロナイトです。

モンモリロナイトがスキンケアに良いわけ

①モンモリロナイトは結晶の層間に20倍もの水を吸い込み、油やたんぱく質を抱え込んで大きく膨らむ力があること。

②抱え込んだ保湿成分を必要とする肌に届けること

③乾くと、非常に薄い皮膜ができて、肌のバリア機能を強化し、肌自体がもともと持っているしっとり成分を引き出してくれること。

④極めて安定していて、植物や動物に比べ、アレルギーを起こしにくいこと。

おもしろいことに、ねんど自体が乳化する特性を持ち、乳化剤をつかわずに、油と水を混ぜ込むことができます。自分の肌にあわせて、クリームやパックを簡単に作ることができ、用途も、歯磨きから入浴剤まで、どれに使ってもOKという柔軟さ。

排水に流しても、吸着成分で、配管の汚れを取ってくれるし、残り湯を洗濯に使っても、リンス効果がある、など、まさに自然のサイクルにのっとって循環する優れものです

手作りコスメの詳しい情報は

http://www.organic-sora.com/BODYCLAY/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »