« ハンドメイドアクセサリー | トップページ | AWEPさん その2 バティック »

AWEPさんへ

Cimg0161 Cimg0162 12月7日(月)

4日(金)は振り替えで臨時休業させていただき、ピープルツリーの2010年秋冬展示・予約会に行きました。会場が神戸だったので、同じ神戸にある「AWEP(アジア女性自立プロジェクト)」さんにも訪問予定を入れ、行って来ました。(http://www.tcc117.org/awep/)

主にフィリピンやインドネシア、ボリビアを中心に、バティックの布製品や手織りコットンの草木染衣料品、民芸品や楽器、アルパカ製品、ビーズアクセサリーなどを作る生産者団体とつながって、製品を販売することで、現地の女性の自立を支援されています。写真は草木染のブラウス、ジャケット。下のブラウスはシルクの手織り製品です。マフラーはボリビアのアルパカ製品。どれもすばらしいできばえです。サイズはフリーなので、年代、サイズも幅広く対応できますね。コットン製品を冬にと思われるかもしれませんが、手織り布は布地に空気を含み、重ね着をすると、意外とあったかいです。写真のブラウスなら、インににオーガニックコットンのタートルネックトップスをもってくると、ピッタリですよ。コットン製品は実はオールシーズンOKのお得な商品でもあります。

AWEPさんの拠点は神戸の「たかとり教会」内にあります。震災時に炊き出しをしたことで、名前をご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。バラックだった教会も、今は有名な建築家の方の設計で、どこのデザイン事務所?と見まがうほどですが、炊き出しのなごりで、厨房は大人数に対応できる設計となっていました。その日、たまたま特別な会合で、昼食が用意されるのに便乗してお弁当を頼んだら、ベトナム風の麺料理フォーと豚足出汁で炊いたふろふき大根、もち米のデザートといった国際色豊かなお弁当でした。事務所の隣ではスペイン語が聞こえ、異文化の共存が日常となっている空間を感じました。

「AWEP」さんでは他に、楽器・バティックの風呂敷・雑貨・アルパカショールなどを仕入れて来ました。順次写真をUPしますので、お楽しみに。

|

« ハンドメイドアクセサリー | トップページ | AWEPさん その2 バティック »

フェアトレード関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AWEPさんへ:

« ハンドメイドアクセサリー | トップページ | AWEPさん その2 バティック »