« セミオーダー展示会 | トップページ | アロマハンドマッサージ »

藤城清治 影絵展

5月30日(水)

なんだかいつもの5月らしくないまま、5月が終わろうとしています。
昨日も、出先で突然の雷雨にみまわれ、さんざんでした。

ばたばたした5月でしたが、たまには心の休日をと、先日、奈良県立美術館で開催中の「藤城清治 影絵展」に行ってきました。10年ほど前に奈良県文化会館で、人形劇を見せていただいたのですが、光と影の美しさに感動し、サインもしていただきました。愛子さまご出産のお祝いの作品も飾ってあり、ものものしい警備がついていたような気がします。

いまもお元気でご活躍中ということが、なによりでした。今回のための作品もあり、いまだ衰えない制作意欲と、ますます磨きがかかる技術にはただただ驚くばかりです。たしか88歳になられたのではないでしょうか?

記憶のすみにある雑誌の表紙や、CM、テレビ番組(ケロよん)、いろんな思い出の中に藤城清治の影絵が存在していたことが、今回の展示でよくわかりました。
美術館には珍しい、水を使った展示もあり、水面にうつる影絵の揺らめきなど、斬新な展示方法も驚きでした。素顔はとても純真で、こどもの心をわすれない方だとのこと。人形劇でも、自ら、声優をかってでられて、作品を観客と共に楽しんでいらっしゃったのが思い出されます。生命への畏怖、生きとし生けるものへの賛歌。それらがあふれた展示会です。
6月24日(日)までです。ぜひ、ご覧になってくださいね。

1時間ではとうてい見きれませんので、時間に余裕をもってお出かけになるのがおススメです。

00243

00237

00238

00242

|

« セミオーダー展示会 | トップページ | アロマハンドマッサージ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤城清治 影絵展:

« セミオーダー展示会 | トップページ | アロマハンドマッサージ »