ペット

ニット小物第2弾

Cimg0033 Cimg0034 11月15日(土)

ニット小物の第2弾をUPします。

昨日のカラフルウールとは少し違うちょっと大人のニット小物です。素材はアルパカやパシュミナで、軽くて暖かく、ちくちくしません。上の3点はかなりご年配の方からも好評で、90歳のおばあちゃんへのプレゼントにしていただいたこともあります。シンプルなので、サイドにフェルトのコサージュなどをつけていただくと、ぐっと若い印象になりますよ!

下のアルパカ素材の耳あてつきは男性がかぶってもおしゃれなので、ペアでそろえられるのもいいですね~。アルパカ素材では他に、リバーシブルネックウォーマーやロングハンドウォーマー、レッグウォーマー、セーター、ベストなどをご用意しています。

アルパカはペルーの高地に生息するラマに似た動物で、近年その軽さと暖かさが注目されています。暖かさの元となる油脂を毛に含み、その油脂を脱脂せず(一般では脱脂して、毛糸を扱いやすくするといわれています)、刈り取った毛を手で器用に紡ぎ、毛糸にし、極細の編み棒で手編みされています。脱脂しないことによって、暖かさと風合いはアップしますが、毛糸がすべってとても編みにくく、作業効率は落ちますが、自然そのもののの色と素材を大事にすることで、アルパカ製品の価値も上がります。商社などを経由して、加工されるものは、デザインに合う色に染めるため、白色のアルパカのみが取引きされたりしていますが、本来アルパカは黒もグレーもベージュもミックスも存在しています。それらのアルパカ(有色アルパカ)は人気がないことで、食肉として淘汰されようとしているといわれます。フェアトレードの業界では、編み手に公正な代金を支払うとともに、有色アルパカの保護を謳い、自然の色そのものの毛糸で編んだ商品を提供しています。製品の背景を知ることで、愛着をもって長く愛用していただけるよう、お手伝いしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)