日記・コラム・つぶやき

言霊の力?

1月17日(木)

きのうは久しぶりに日差しのあたたかい1日でしたが、今日はまた、寒くなりそうですね。
インフルエンザやノロウイルスなど、この季節特有の流行もきかれます。
抵抗力をつけて、しっかり身体をあたためて乗り切りたいですね。

さて、きららは今年10周年をむかえるにあたって、方向性を変えていくことも視野に入れて、コミュニティーを主体にしたNPO法人の設立を目指しています。

何事もアバウトで、細かい作業が苦手な私にとって、設立を目指して書類を整えたりといった事務的なことが一番の障害です。

その部分で挫折してしまいそうで、宣言するのをためらっていましたが、
逃げ道をなくして、自分にプレッシャーをかけるために、あえて今年は宣言しました。
さっそく、作戦会議は新春からスタートしているんですよ。

でも、それとは別に、決意を口にすることで、意図していない出会いが新春からいろいろあって驚いています。これって言霊の威力かな?
言葉が引き寄せることってやっぱりあるのかも・・・。

今考えている、コミュニティーを主体にしたNPOの事業は、きららのフェアトレードとは一線を画して活動するつもりです。どちらかといえば、地域の活性化や、小さい事業所同士のコラボ事業や、イベントのセッティングなどを活動主体としていくつもりです。

その活動に伴って、雇用がうまれたり、小さい事業所が活性化したり、地域がつながっていければいいなと考えています。

まだまだ、これから中身の精査など、しっかり作っていかなければいけないのですが、言霊の力を信じて、あえてブログにアップさせていただきました。

長い目で見守っていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もお世話になりました。

12月27日(木)

ことしの営業も残すところあと1日です。
この1年、目標としてきたことはできたのかな、などふり返るにはまだ余裕がありませんが、今年も無事、この場所で同じようにあり続けたことに感謝し、支えてくださったすべての方に感謝、感謝です。

ほぼ道楽と思われながらも、なんだかんだで来年は10周年を迎えます。
このままでいいのかと自問自答し、今年はこれからのあり方を見極める年にしようと、イレギュラーなかかわりをたくさんつないできました。

フェアトレードを発信し続けることの意味と自分のやりたい方向性とのずれが、すこしずつできていました。それはやっぱり3.11の震災からかもしれません。

たまたまフェアトレードに出会い、もっと多くの人にこの仕組みを知ってもらい、当たり前の選択肢になってもらいたい。それが私のお店を始めた原点です。それはいまもぶれることなく、同じスタンスです。ただ、当たり前の選択肢にするには、まだまだ広がりが足らず、どこでも買えるものとはなっていません。奈良での認知度の低さはいわずもがなです。
奈良で発信する意味があるのだろうか、自問自答していたころ、震災がありました。
震災後の被災地のニーズは途上国のニーズと通じるものがあります。
尊厳のある生活環境と、自立できる仕事創りです。
そしてそれは地方のニーズでもありました。

フェアトレードに関わって、私自身は途上国に行った事すらなく、語る言葉もないのに、説明すると、「いいことされていますね」といわれることが多いです。
これはビジネスですからといってもなかなか理解していただけません。
フェアトレードというビジネスの仕組みに共感したのであって、けっして国際貢献や途上国支援のためになど思っていたのではないのです。
結果として、そうなれば尚よい、ということです。
はじめから支援や貢献を意識するのはなにか上から目線の気がして、違和感を覚えていました。フェアトレードを語るとき、どうしてもそのキーワードが伝わりやすいので、使ってしまうのも事実です。
何か形を変えて発信したい。その思いが強くなってきました。
この1年はそれをさがす年にしました。

いろいろ関わって、これは違っていたなと思うものもありましたが、そういうものをそぎ落として、少しずつ見えてきたものを来年は形にしていきたいと思っています。

こんな形で宣言することで、自分にプレシャーをかけつつ、きちんとご報告できるように、頑張っていこうと思います。

お店の商品内容も変るかもしれませんが、そのあたりも含めて、過渡期になったきららを見守っていただけると嬉しく思います。

どうか、来年もよろしくお願いいたします。

そして、みなさまにとってよい年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイレントプア

11月5日(月)

たまたまNHKのあさいちを見ていたら、女性のサイレントプア問題が取り上げられていました。用事をしながらで、ちゃんと見ていたわけではないのですが、単身女性の3人に1人が貧困であるといわれているそうです(!)(税金を引いた年収が112万円以下)
シングルマザーであったり、夫の失業や家族の病気で、フルに働けない状況な上に、出費がかさみ、収入が極端に低い生活状況に陥ったというケースが少なくないこと。その状況が、負の連鎖となって、なかなかぬけだせないこと。それをまわりに相談できず、どんどん状況が悪化してしまうこと。そんな話だったようです。中には教師だったり、空港のグランドホステスだったという華やかな仕事の方が仕事を失くす例もあり、お金に困っていることを恥ずかしくてなかなか相談できないというケースもありました。
いまの日本では、だれがその状態になってもあかしくないですよね。
その解決策として、借金問題で大変な人は、まず弁護士に相談し、場合によっては自己破産の手続きをして、再スタートをきること。家族で負の連鎖に陥っている人は社会福祉協議会に相談し、支援とアドバイスを受けること。また、家の都合で働き方に悩みを抱える人にはいわゆるコミュニティービジネスの分野での解決を図ること。などが、対策としてあげられていました。
なによりショックだったのは、女性の場合、結果として性風俗へ流れてしまうことが多いということです。途上国で女性の仕事作りを応援しているフェアトレードですが、どの国も、やはり、女性が生活に行き詰ると、性風俗に流れてしまうのです。
日本も同じです。いま、私はフェアトレードからコミュニティートレードへと移行しつつあります。大きなくくりで、その中にフェアトレードも含まれると考えています。
贅沢ができなくてもいいけれど、地域の困った、を仕事に変えて、雇用と収入が生み出せるよう、知恵を絞っていきたいと思っています。

11月9日(金)の被災地キャラバンも、そのヒントを見つけるためのひとつ。
被災地の今を知ることも含めて、トークライブへのご参加、お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つながる

9月21日(金)

やっと、日中も暑いながらも秋の気配が漂うようになりましたね。
道向こうのコスモスもちらほら咲き始めました。
今日から「夢違」さんで「ハコ市」が開催されます。
それぞれ個性的なハコが出品されています。
ハンドメイド作品に加えて、食品もあります。
1階のカフェスペースでは、お茶やランチも楽しめますよ。
遊びに行ってみてくださいね。

「つながる」・・・このごろ特につながることの大切さを感じています。
昨日、壷坂寺の中で活動されていいる「財団法人アジア・アフリカ国際奉仕財団」の方が来店されました。24年前から教育支援という形で、活動を開始されたという老舗団体。恥ずかしながら、いままで知りませんでした。フェアトレード事業は2009年からとのことで、奈良県内での広報、ネットワーク作りの一環で尋ねていただきました。奈良でのフェアトレードの広がりがほとんど感じられないのは、つながっていける団体や組織がないことも一因だと思っていたので、こういうネットワークは大歓迎です。
地域のコミュニケーションも含めたフェアトレードやエコロジー関係のマップ作りをすすめていかれるとのことで、先日出合った、近大のフェアトレードサークル「アサンテ」の方とも協力してすすめていけばいいのではという情報交換もでき、有意義な出会いとなりました。きららでも、壷坂寺の境内で販売しているという、インドのフェアトレード商品をお預かりして販売することになりました。クオリティーはまだまだですが、ワンコインで買いやすいお値段ですので、気軽に手に取ってもらえそうです。

00376

菩提樹の実をあしらったガラスビーズのブレスレット。色は緑・青・茶・ピンクの4色。

00377

サリーの布で作ったストラップ。ジャスミンのお香入りです。

昨日は長谷寺の参道で町屋カフェをされている方にもご来店いただきました。この地域の活性化の一環で、空き町屋を利用したチャレンジショップをされているとか。
県南地域ではこういった取り組みが最近活発です。きららも今後の展開を考えて、町屋サブリース事業のレンタルに応募しました。とりあえず、どんなところか見学だけでもという感じですが、うまくつながれたらと思っています。

00360

雑貨、食品などいろいろ入荷しています。そのなかでもイチオシのトニーさんのラベンダーウオーター(¥2400)。オーガニックラベンダーの蒸留水ですが、トニーさんという方が第一人者としてつくられていた製法をトニーさん亡き後受け継いで、長野県で栽培されたラベンダーウオーターです。生産量が限られていて、限定100本の出荷です。なんとか3本ゲットしましたので、気になる方はお早めにお求め下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命の選択

8月29日(水)

残暑厳しい8月の終わりです。この週末はいろいろ慌しいことがありました。
朝刊の新聞配達のアルバイトをしている次男が、未明に車にはねられて道路のまん中にうずくまっている猫を見つけ、保護しました。まったく身体が動かないので、骨が折れているのか?内臓は?と様子をみながら翌朝一番に日曜日も診察している動物病院を探して連れていきました。私はその日朝からどうしても出掛ける用事があり、夫が行ってくれたのですが、出先に届いたメールには、脊髄を損傷していて、下半身は全くの麻痺。左腕と肩は折れているけれど、麻酔の負担もあるので、今は手術できないとありました。
骨折だけなら治してやって、里親をさがすつもりでした。
でも、これから一生歩けない寝たきりになる運命の猫をもらってもらうのは無理。
うちで飼えるのか・・・。2匹の先住猫のストレスもあるし。
翌日かかりつけの獣医に連れて行き、あらためて診断してもらったら、
呼吸が荒いから肺を損傷しているかも、とのこと。
神経の圧迫から片目の白めの部分が飛び出したようにもなっています。
先生からは、これから先の世話のことを考えると、大変ですよ。
排泄も自力では無理だし、臭いもでるし、ずっと飼っていた子が事故にあってということならなんとか手をつくしてとなりますが、たまたま保護した子ですし、
安楽死という選択も考えたほうがいい、家族で相談してくださいとのことでした。
長くは生きられないなら、うちで最後を看取ってやろうと思っていました。
生きることが辛いほど、状態が悪いなら最悪その方向もあるかもしれません。
でも、帰ってその子をみると、必死で生きようとしてご飯も食べだし、泣き声も出始めていました。今居る子達ももともと野良です。今居る子も、そのまま放棄していたら、今生きていないはずです(2匹目はトイレに落ちて鳴いていました)。今出合ったこの子と命に違いはないはず。朝、診察を受けて、そのことをずっと考えながら、最悪のことも思うと、涙が出て仕方ありませんでした。。夜、家族にその選択を話すと、そんなん無理。家で見てやったらいいやん、と、みんなうちで看る選択をしたのです。
また、翌日診察に行き、飼う事にしたので治療をしていきます。とあらためてレントゲンを撮り、肺、内臓に問題ないことがわかり、一安心。当面は前足の骨折のボルトをいれる手術をうけるため、1週間ほど体調を整えて様子を見ることになりました。
おしっこの絞り方も次男と一緒に教えてもらいました。
今日は朝からご飯もたくさん食べ、よく鳴いています。
片足しか動かないのに寝返りもしていました。
なんだかそのうちキセキが起こって、下半身麻痺も治るかも・・・、なんて思っています。

そんなわけで、うちにはまた猫が増えました。
次男の命名で、ロニイ(バンドのボーカルの名前らしい・・)となりました。

こういう子を世話する経験がないので、知っている方、いろいろ教えてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜花林にて

8月15日(水)

今日は若草山の送り火。家の窓から送り火が見られる友人宅で、ビール片手に歓談しましょうのお誘いもあったのに、お盆のさなかにはやっぱり出にくくて、断ってしまいました。
そろそろ駅で集合して向っている頃ですね。このところ不安定なお天気続きでしたが、今晩はなんとか持ちそうで、よかったです。みんな、楽しんでね!

今週も月曜日は三条通りの「青丹彩」ビル内「桜花林」ショップにて1日店長でした。
夕方、近大農学部のフェアトレードサークル「アサンテ」のメンバーの方が尋ねてくださいました。奈良で、フェアトレードマップを作るという計画があるそうで、その一環での取材です。
いかにも学生らしい、真摯なまなざしは、世間の垢にまみれた者にはとってもまぶしかったです。フェアトレードと奈良の特産品とのコラボなど、いろいろアイデアもお持ちでした。
学生ならではのパワーと、行動力で、奈良でのフェアトレードを広げる企画を立てて欲しいです。一緒に頑張りましょう!
久しぶりに原点に戻った気がして、またあたらめてフェアトレードとの関わりを感じた1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シサム工房 2013春夏コレクション予約会に

8月1日(水)

8月に入りました。相変わらず猛暑日が続いています。奈良は盆地で、暑いですsun
昨日は、同じように盆地で暑い京都にある「シサム工房」さんの2013春夏コレクションの展示予約会に伺いました。京阪出町柳駅から歩いて15分ほどのところの3階建ての自社ビルの屋上からは、大文字の大の字が見えるバツグンのロケーション。この暑さの中、歩くのはきついなと覚悟していましたが、台風の影響か、風がある分、助かりました。
事前に送っていただいた写真の資料と現物を照らし合わせて、チェックを入れるのですが、やっぱり、実物と写真は色も布の質感も違っていて、直接現物を見られる展示会の機会は貴重です。
スタッフの着こなしも素敵で、再チェックとなったり、思ったよりも若いデザインで、キャンセルしたり、あれもこれも選びたい中、厳選したものの中から、さらに予算の関係で泣く泣く削るという作業をします。
これがつらい!
予算があれば、もっともっと予約を入れたいのです。現地の生産者の励みと収入UPにもつながることです。販売力の弱さを実感し、反省する瞬間ですね。
そんな葛藤を経て、予約した各団体からの今年の秋冬コレクションが、早いものでそろそろ入荷してきます。楽しみですが、その前に、春夏ものを減らさないと・・・。
そんなわけで、来週8月3日(金)から、セール開始です!
猛暑の今、着たい服がまだまだいっぱいありますよ。
衣料品に限り、すべて25%OFFです。
定番のオーガニックコットンのフィットTシャツも含みます。
ぜひ、手に取って、試着してみてくださいね。
00287

オーガニックコットンのデザインTシャツも、セール価格で求めいただけますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すみれさんのランチ

7月29日(日)

今日のオフ。ご案内いただいた「恵古箱」さんでのすみれさんのランチを、夫とふたりで頂いてきました。

すみれさんは1年前まで西大和のイオンの向かいの建物の2階で「玄米ごはんと和の店 すみれ」を10年間営んでこられました。もちもちの玄米ご飯と、ご自宅の畑で作られた安心で新鮮な季節のお野菜をつかった丁寧なお惣菜(もちろん調味料も厳選されたものを使用)のワンプレートランチを提供されていました。一人でも気軽に行ける雰囲気と、なによりもオーナーののりさんのお人柄のにじんだお料理が魅力で、うちでもお客様にイチオシのお店のひとつでした。
10年間ずっと走り続けてこられて、少し足もとを見つめなおされ、(それには3.11の震災・原発による人生観の変化もおありだったとか)いったん、閉店され、しばらくは畑仕事に専念しながら、次のステップを模索中です。急な閉店で、残念に思ったファンの方も多く、このたび、週末だけのランチを「恵古箱」さんでされることとなって、喜んだ方は本当にたくさんなんですよ。残念ながら、私は金・土には伺えないので、ご紹介だけさせていただいていたのですが、今日は特別に日曜日もランチをしてくださるというご案内を頂き、嬉しくて・・・。
1品1品が丁寧な仕事で、あいかわらず、おいしいもちもちの玄米ご飯と、手の込んだおかずの数々。ちょっとしたシソやミョウガのあしらいや、濃すぎず、薄すぎない絶妙の味付けなど、久しぶりでも相変わらず、感動のワンプレートでした。
ご馳走様でした!
会期中の藍染展「ナツドキ★夏時」もほんとに爽やかで暑さを忘れるような素敵な作品ばかりで、目の保養もちゃっかりできて、おなかも心も満足。
藍染展は8月7日までですので、よかったらお出かけ下さいね。
相変わらず、写真のない報告ですみません。
詳しくは「恵古箱」さんのブログで確認してください。
http://ekobacouti.exblog.jp/

★来週の土曜日(8月4日)はセミナー参加のため休みます。
ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

00190

ポンポンバスケット(大・小セット)お部屋の隅に置いてもカワイイですよ。セットで3900円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出会い

7月26日(木)

暑くて身体がとけそうです~coldsweats02急な猛暑で体調崩された方も多いとか。皆様お気をつけくださいね。

最近、ご来店いただいたお客様、それぞれ別のおつながりで来ていただいたのですが、お話をお聞きすると、皆様、震災後原発から逃れて、奈良にたどり着かれた方達でした。なぜか不思議と今この時期に重なって、次々とご来店くださいました。ひとかたは別のお店つながりで来てくださり、ひとかたはフェアトレードの扱っている店を探してわざわざ来てくださり、ひとかたはボランティアの会議で偶然お出会いし、フェアトレードを奈良で扱っているお店があったんですねとその足で尋ねてくださり・・・。
皆さん、仕事をやめて、遠い関西で、新たな仕事を探し、定着し、この地でご自分のスタンスで生きていらっしゃいます。恥ずかしいことですが、震災支援なんていっても、実際の思いにはとうてい思い至らないのが関西で生きている人間の姿です。いままでの生き方、生活、すべて根底から覆して、なお生きるための生活を日々送らなければいけない。それなのに、ううん、それだから自然体で強い方ばかりです。嬉しいのは関東圏からの方には、フェアトレードというキーワードは結構身近な選択肢なんだってことです。奈良では、その言葉自体が、まだまだ知れ渡っていなくて、凹むことが多いので、そのこと自体がびっくりするやら嬉しいやらです。お店として続けるために、フェアトレードだけでいいのか、ライフワークとして続けるためには、別の柱をもつべきなのかって、最近よく考えます。でも、続けてご縁いただいたお客様達が、やっぱりフェアトレードを奈良で続ける意義を教えてくださった気がします。

今年いっぱい、まだまだあがきながら、これからのきららの方向性を探っていこうと思います。来年10年目を迎えるにあたっての途中経過です。どんな答えが見つかるか、楽しみにしていてくださいね。

00191

日差しをしっかり防いでくれるつば広の帽子です。素材は麻とジュート。手編みレースのコサージュは取り外しができます。バッグにつけてもいいですね。(¥6900)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頂きもの

7月22日(日)

この1週間、いきなりの猛暑に急な雨。なかなか身体がついていきませんね。
昨日の雨で、やっと夜は涼しくなって、久しぶりに快適に寝られました。
こんな、猛暑の中、ご来店いただくだけでも感謝なのに、今週はいろいろと珍しいものを頂きました。

00290

左にある青梅のようなのは黄色すもも(?)。石川県のご実家から送ってこられたとかで、このまま追熟させると黄色になるそうです。右上は沖縄のご実家からのスナックパイン。手でちぎって食べるパイナップルです。最近生協なんかでも販売してますよね。現地の路地もので、やっぱり甘い!右下は水ナス。刻んで塩麹につけました。みずみずしくておいしかったです。Mさん、Kさん、Sさん、ありがとうございました!

★fu-fu Styleさんのわたしたちの服 セミオーダー展終了しました。
オーダーいただいた方の喜びの声をきいて、この企画をやってよかった~とあらためて思いました。fu-fu Styleさんも初めての試みでしたが、いいご経験になったと喜んでくださいました。企画展は終了しましたが、引き続き、ご相談などは受付ています。まだ迷ってて・・・、やっぱり気になって・・・という方、まだこれから夏本番ですので、涼しくて着心地のよい自分サイズのお洋服をぜひ!ご要望以上の心配りの仕上がりですよ~。

00291

ちょっと映りが悪くて柄が見にくいですが、紫外線の気になる季節にあまり暑苦しくないスカーフとして、おススメな素材がシルクです。00299

00300

長方形、大判¥1890

00302

バティック柄 正方形¥1575

男性のポケットチーフとしてもお使いいただけますよ。

明日は奈良に行っています。奈良、三条通りの「青丹彩」ビル1階「桜花林」では、ハンドトリートメントを兼ねて、粘土のシリーズのお使い方などのをお伝えしています。普段、なかなかゆっくりお伝えできないので、奈良にこられるついでのある方は、よかったら講習を聞きに来てくださいね。水曜日からはきららにて営業ですが、25日(水)は勝手ながら会議のため、午後からの営業となります。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧